飴村乱数は可愛い&かっこいいだけじゃない!考察;隠された過去と中王区

徐々に謎が明かされていく乱数(ラムダ)。他キャラクターとのエピソードや、中王区・勘解由小路無花果(かでのこうじいちじく)との関係から分かる、”乱数の思惑”とは?!

飴村 乱数(あめむら らむだ)/CV.白井 悠介

人に甘える才能がある。全ての女性をオネーサン☆と呼ぶ天然ジゴロ。人懐っこくて見た目も可愛らしいが、はっきりとした意見を言うタイプ。

このヒプノシスマイクという作品で、今最も重要な人物である乱数。
かわいいのにかっこいい、そして闇を感じるキャラクター。そのギャップにやられた方も、ただただ、ショックだったポ女の皆さんも少なくありません!

でも、まだまだストーリーは途中なのでただの悪役では終わらないのではないでしょうか?
表の顔“も”裏の顔”も、魅力満載の乱数についてみていきましょう!

「The Champion」までのCDに収録されているストーリーを参考に1人のキャラクターにスポットをあてて紹介しています。ストーリーに対してドラマトラックのバックナンバーを記載しています

意外性

battleCDで一郎に抱きついたり、左馬刻にも抱きついたり。可愛さ全開なんですが、一郎を取られた乱数に焼きもちをやく三郎たちに対して、「元気があってよろしいです☆」と言う乱数はなんだかんだ年上なんだなと思える発言でした!

そして何といってもThe Dirty Dawg時代の乱数ですよね!!

現在の可愛いイメージとはうって変わり、今の原宿っぽさがあるストリートファッションです!白い服なところもギャップがあってかっこいいですよね!可愛くもかっこよくもなれる乱数、最強です!もっと色んな服装の乱数が見てみたくなります!!

https://twitter.com/hypnosismic/status/1090565493952368643
出典:ヒプノシスマイク公式Twitterより

POSSE

乱数によって集められた幻太郎と帝統。
乱数は2人と面識はないですが、それぞれ素性を知っていてチームに誘います。ちなみに乱数が得た幻太郎の情報は萬屋山田に依頼したもの。ちょっと話がつながっていてそういうところもヒプマイのCDの楽しみ方ですね!

(「Fling Posse-F.P.S.M」drama track2F/「Buster Bros!!! Generation」drama track1より)

ドラマトラックではすでに和気あいあいとしたポッセのストーリーから始まっていますが、初対面の幻太郎と帝統に興味もあります。

ポッセの仲良いやり取りは癒されますね!子供っぽい素直な帝統を、幻太郎が茶化して遊び、それをみて乱数が笑っていて楽しいそう!

ウザい☆乱数に幻太郎が嘘をついて帝統に乱数を押し付けたりするけど、更にウザ可愛いさ全開の乱数は帝統で遊んでるストーリーは笑っちゃいます!本気かどうか分からないけど憎めませんよね!!

(「Fling Posse-F.P.S.M」drama track2/「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [Know Your Enemy Fling Posse VS 麻天狼]より)

裏の顔

幻太郎に怪しまれている乱数は上手くごまかすどころか、これ以上踏み込むなと忠告します。おおよそ、勘のいい幻太郎にはかわしても何度も突っ込まれてしまうくらいなら、はっきり言ったほうが良いと踏んだのでしょう。

幻太郎も争うつもりは無いため深くは突っ込みませんが、今後の乱数の動向には注意を払っていく様子。

(「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [ Know Your Enemy Fling Posse VS 麻天狼]より)

一方、寂雷先生は乱数の秘密を知っていてもその情報は決して口に出しません。人の過去や秘密を他人が言いふらすことは道徳に反するという考えなのでしょう。

ですが2人の溝を見る限り、乱数の秘密とは別に、乱数がした事自体にご立腹であると読み取れます。

ポッセ×麻天狼のバトル曲では”人の過去を何度も持ち出すんじゃねえ”と乱数が個人的に寂雷に向けたことばがあります。

人道を外れた行いをしたと言う事は寂雷先生が証言しているので、

その謎はまだまだ分かりませんが、”仏の寂雷”を怒らせた乱数はいったい…。

(「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [ Know Your Enemy Fling Posse VS 麻天狼]より)

中王区との繋がり

乱数の言動・行動を振り返っていき、物語の核心へ迫りましょう!

中王区主催 ディビジョンラップバトルの真の目的とは?

勘解由小路 無花果(かでのこうじいちじく)とバトル後密会する2人、中王区が初めて主催したこのバトルは収益も上々で、娯楽・ビジネスとして成功したと語る無花果。
今回のバトルで血気盛んな男たちが、中王区だけでなく他のディビジョン・チームを敵視するだろうと中王区の思惑を述べます。
そして次回は、新勢力を参加させると話します。

中王区の意図は以下のメリットが考えられます。

①中王区への反乱を防ぐメリット。男たちの争う敵となる対象をつくり、中王区に向ける注意を散漫させることができる。
②今後の定期的な資金確保。新勢力を参加させて更にイベントを盛り上げて増収を狙える。

新勢力とはおそらく、寂雷先生が目撃した「白膠木 簓(ぬるで ささら)」「波羅夷 空却(はらい くうこう)」も絡んでくるのではないでしょうか?!
(「the Champion」drama track[Me Against the world ]より)

そして何よりも、中王区の指示で乱数がThe Dirty Dawgを結成し解散させたこともよみとれますね!

誰もが知るレジェンドチームが各新チームリーダーになり、ラップバトルをする。

この世界でこれだけの宣伝力は他にないでしょうね。その為のお膳立てだとすると、TDDがレジェンドと呼ばれる存在にしたのも、仲たがいして解散させたのもすべて仕組まれた事である、というわけですね…。

ここまでした中王区は、反乱が起こることへの対策を武力行使で出来るようにまだ策を考えているはずです。そのひとつは、ヒプノシスキャンセラーなのでしょうね。

乱数という”存在”

幻太郎が乱数の過去を調べた際「人間らしさがない」と話すと、乱数は自身のことを調べるな。不愉快だと今までとは明らかに違う反応をします。
あえてこういった口調で言ったのかもしれませんが、少なからず素の部分が出てしまったのではないでしょうか?

触れてほしくない部分だというのが分かります。

そして、無花果の言ったセリフが重要なポイントになりましたね。
文字通りお前の変わりはいくらでもいる。」「やはり失敗作か。」

乱数は人間を葬りさってやると静かに決意をみせています。
乱数は中王区が作り出したヒプノシスマイクに関わる何らかの「実験体」なのかもしれないと推測できます。

ヒプノシスマイクという精神干渉可能な技術がある世界でならそういった他の技術も開発は進んでいるはずですよね。

そして、人間を恨む乱数には悲しい過去が隠されているのかもしれません。今後どういった行動にでるのか、そして乱数の過去に注目です!

『新生ヒプノシスマイク』とは

最後に「新生ヒプノシスマイクにもヒプノシスキャンセラーは効果があるのか?」と問いますが返答はなし。
また新たなワードが登場!!またひとつ謎が増えましたね。『新生ヒプノシスマイク』とは…??

(新生=※リスニングの為漢字変換は不明です!!)

上記で述べたように、中王区は対男性の反乱を危惧する対策として、ラップバトルやヒプノシスキャンセラーを作ったのだということは読み取れます。

そのひとつで「何らかの実験」として生み出されたもの、そして新生ヒプノシスマイクもさらに強力な効果があるのではないでしょうか?力、数にも太刀打ちできるように準備されている…あくまで想像ですけどね!

そうなっちゃうと話が壮大すぎてSFっぽいので、不安しかないですから、皆さん各自の妄想で楽しみましょう!!

そして、次なる任務を伝えられる乱数は一体何をするのか?新アルバムで謎は明かされるのでしょうか?

今後に期待です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です