The Dirty Dawgの意味や読み方!解散した理由はなに?解禁ビジュアルがやばい!!!

【2019/5/7更新しました!➡TDDビジュアルに歓喜!】

The Dirty Dawg」

「ヒプノシスマイクの世界でかつて活動していた伝説のチーム。
今では伝説と言われその名を知らない者はいない。」

このかっこいいフレーズ・・・最高じゃないですか!?現在各ディビジョンの代表チームリーダーを務める四人が組んでいた伝説のチーム!!聞いただけでもしびれますね!!そんな伝説のチーム「The Dirty Dawg」について解説していきたいと思います!!

The Dirty Dawg」チームメンバー

イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」(※):山田一郎

ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」(※):碧棺左馬刻

シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」(※):飴村乱数

シンジュク・ディビジョン「麻天狼」(※):神宮寺寂雷

※現在所属チーム

メンバ-を並べてみただけでもその凄さが伝わってきますよね!!この4人であればどんなチームにも勝てるような気がします!!!
ドラマトラックやコミカライズ、特集を組まれた雑誌等で少しずつ詳細が明かされつつありますが 解散理由や「The Dirty Dawg」時代の詳細はまだまだ明かされていません。

”The Dirty Dawg”の読み方

「dawg」。聞きなれない単語ですが読み方は「ドーグ」です。”ドック”と訳している方もいますが”w”が入っていますので”ドー”と伸ばすのが正しいと思われます。ですので「ザ・ダーティ・ドーグ」です!!

どんな意味??

調べてみるとこの「dawg」はヒップホップの世界で使われているスラングの一つです。「dawg」は悪い意味のスラングではなく、「仲間」という意味で使うようです。 つまり直訳すると「汚い仲間」。これが彼らにとってどのような意味があるのでしょうか。現在、各ディビジョンのチームリーダーをしている彼らがかつてチームを組んでいただけでも興奮ものですが今ではまったくスタイルの違う彼らがどのようなスタイルでチーム活動をしていたのでしょう?

解散の理由

まだまだ明かされていない事ばかりですが現在の関係性から過去につながるヒントもあるようです。

山田一郎と碧棺左馬刻

「The Dirty Dawg」時代の彼らの関係性は現在とはまったく違っており先輩・後輩の関係性、雰囲気がとても良いんです!!どうして現在の関係性になってしまったのでしょうか。Battle CD「Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW」のドラマトラック『Know Your Enemy side B.B VS M.T.C』にて一郎が「てめえの理想にはついていけない、”あの時やった言い訳”にはならない」と発言したり、「The Champion」のドラマトラック『Me Against The World』にて左馬刻が「お前が合歓(ねむ※左馬刻の妹)にしたことは許さない」という発言もしています。関係が悪化する原因がいくつかあるようですね。二人とも弟、妹想いという共通点もあり分かり合えていたはず!!

神宮寺寂雷と飴村乱数

寂雷と乱数の二人も当時相当仲が良かったようで「The Champion」のドラマトラックにて「The Dirty Dawg」時代の話が出てくるのですが他のメンバーから見てもその仲の良さが感じられるぐらいなのです!!しかし、現在は非常に仲が悪く、BattleCD「Fling Posse VS 麻天狼」のドラマトラック『Know Your Enemy side F.P VS M』を聞くと温厚な寂雷が乱数に対して怒りをあらわにしていたり、「The Champion」のドラマトラック『Me Against The World』にて一郎や左馬刻に「乱数には気をつけろ」と発言しています。

この二組の関係性から過去にチームの解散等につながる大きな原因が関わってくるかもしれません!!しかし一番大きな要因は飴村乱数にあると思われます。

すごく気になって仕方ないのですが、なんと!!そんな過去の話が現在マガジンエッジにてコミカライズ 連載中ということです!!どこまで明かされるかは分かりませんが追ってみる価値はありそうです!!

そして「The Champion」のドラマトラック内にて少しですが
「The Dirty Dawg」時代の内容がありますのでそちらもチェックしてくださいね!!

T.D.Dの楽曲「T.D.D LEGEND」がかっこよすぎる!!!

そしてついに解禁されましたね!!上のTwitterのビジュアルかっこよすぎます!!そして「The Champion」のカップリング曲に「The Dirty Dawg」の楽曲「T.D.D LEGEND」が入っています!!この曲マジでかっこいいですよ!!最強感が半端ないです!!!

出典:ヒプノシスマイク公式YouTubeチャンネルより

「The Champion」 のドラマトラック『証言』にて「The Dirty Dawg」の活躍が聞けるのですがこの伝説のチームで是非とも映像化してほしいですね!!!

T.D.Dのビジュアルに歓喜!
【5/7更新】

大人気のT.D.Dは何といってもこの時代にしか見れなかったビジュアルも魅力的です!そんなTDD時代と今とを見比べてみましょう!

※キャラ単体で比較できる公式画像が見つからない為イラストお借りしています。

一郎

なんといっても溢れるフレッシュさ!カッコ良さはそのままに、やはり学生なので今と違うヤンチャ感がありますね☆

赤いバンダナに注目!

腕に付けたバンダナは前チームメイトの波羅夷 空却(はらいくうこう)との印!TDDになっても付けているのは一体どんなストーリーを秘めているんでしょうか!

バンダナはヒップホップダンサーの方が付けているのがイメージしやすいかと思います!コーンロウやシーザーショートカットといったアフリカ系アメリカ人のヘアースタイルの復活の動きがあり、この髪型は就寝時に維持する際などにバンダナやドゥラグで頭全体を覆っています。これによってヒップホップ系のファッションでバンダナが流行していきました。

一郎のピアス

髪は短くて、赤いピアスを開けています!一郎のピアスネタは色々な想像が膨らんでしまう既に人気なネタですね!更に詳しいピアスの説明や、考察は下の記事からみれます!

安定の腹チラか!と思いきや黒のインナーを着ている!!!なぜ!
三郎もそうですが、未成年というのを考慮しているんでしょうか☆

HIPHOPファッション『saggar』とは?

今の一郎も基本的にパンツは腰履きではあるんですが、TDD時代は特に分かりやすいです。
今でこそハイウエストがスタンダードになっていますが、ファッションのブームにもなりました!

日本では90年前半にはヒップホップファッションをするスケーターやサーファーがこのスタイルを取り入れ、90年後半~2000年代学生服でも流行りました!
いわゆる『腰パン』と言われていましたが、近年では通じないかも!学生はドラゴンアッシュなどのアーティストのスタイルを真似て関東圏から広く流行していました。校則違反になるとして学校で問題になり社会問題にもなりました。

もともとニュースクールファッションから来ていて、英語は「sagger」(sag =垂れ下がった)と呼ばれています!!90年代中頃にヒップホップグループの中でギャングスタラップが中心になった際、彼らの好むファッションの一つでした。
ベルトを着用せずに極太のパンツを履くのを好み、これは服役囚が新しい制服を配給される前に、まずベルトを押収されたことに由来する文化であったとされます。ルーツはここから来ていると言われていますが、彼らのスタイルが今のヒップホップファッションのひとつとなっています!


オーバーサイズが流行ったのでパンツもゆったりした幅のあるもので、丈を余らせて履くのがカッコよかったです!
今の一郎にも言えますがHIP HOP感ある服装のキャラってバスブロだけなんですよね!意外と他のチームにはいないんです!

TDD一郎のスニーカーモデル

やはり名作NIKE(ナイキ)のAIR JORDAN 1ではないでしょうか!
数あるエアジョーダンシリーズでもナンバリング1は、シューズショップでもよく目にするので有名ですよね!

ちなみにAIR は、エアクッション技術とマイケル・ジョーダンのニックネームだった”エア”というダブルミーミング!

一郎のおさがり?

よく見ると赤いレザーを編んだウォレットチェーンをつけていますが、これ実は現在の三郎が同じ様なものをつけています!確実に一郎のおさがりですよね、こういう所がニクイです☆

左馬刻

髪を上げて更に格好良くなっています!全体的にパンクロックテイストなファッションです。黒のレザーのバイカーズジャケット、ダメージパンツ、白のブーツ。
個人的には、ヨコハマでバイクに乗ってるイラストが見たいです☆合歓や一郎を後ろに乗せてあげたりなんかも良いですね!

キャストの浅沼さん曰く「やっと長袖をきてくれた!アロハシャツ寒いし、左馬刻っぽいの探すの大変で。」だそうです☆

ダガーモチーフのネックレス:意味とは?

出典;月刊アニメージュ3月号より

ネックレスが変わりましたね!ダガーナのモチーフでごつめのシルバーアクセサリーでクロムハーツ(CHROME HEARTS)っぽさを感じます!シルバーアクセサリーでも人気のあるモチーフですね。

ダガー(dagger)…全長10~30cm程の短剣。左右対称なデザイン性から美術鑑賞品としてコレクションする愛好家も多い。ダガーは対人武器とし作成されたものを指し、ナイフは多目的切断具である。

戦場での”勇敢”や”勇気”の象徴とともに、敵(侵略)から守る”守護”や兵士の”誇り”といった意味も持ち合わせています。

このダガーモチーフには”お守り”としての意味合いがある為、ダガーのモチーフアクセサリーはプレゼント用に渡す方も多いんだとか!!
またアメリカンオールドスクール(別称:トラディショナル)というタトゥーの一つでも使用されてきたモチーフで、ROCKシーンでもよく使われています。一度はこのような絵柄を目にしたことがあると思います。太めのアウトライン、色使い陰影のつけ方が独特なデザインで可愛らしいです!タトゥーでは写真のようにバラと組み合わせたり、心臓(ハート)と、蛇と、組み合わせで意味が異なります。


妹とおそろい?!ブレスレットの謎


出典;月刊アニメージュ3月号より

ブレスレットはTDD時代から同じものをつけています。実は碧棺合歓も同じブレスレットをしていますが、これは合歓からのおくり物なのか?もしくはふたりで買ったのか?謎なままですが、兄妹で同じアクセサリーをつけているなんて仲が良い証拠です。きっと未だ語られていない碧棺家の過去が2人の絆を強いものにしたんでしょうね!

下記の記事ではブレスレットから分かる意味や、おまもりについてまとめました!

乱数

一番イメージが変わったのは乱数じゃないでしょうか!?グリーンの服のイメージから一転、今っぽいのストリートファッションに。
かわいいからカッコいいに変身!
流石シブヤ代表でファッションデザイナーだけあって他のメンバーよりもファッション要素も高いです!ホワイトカラーというのも意外性でした!
オーバーサイズなトップスって小柄な子が着ると、更にカワイイですよね!肩から袖にかけてプリント入りのトップスもストーリートファッションでここ何年か流行っています。

チョーカーをしてるのもポイント高めですね☆


出典;月刊アニメージュ3月号より

靴はハイテクスニーカーぽく見えます。うーん。わかりづらい…。

ハイテクスニーカー…メーカーの技術や機能が投入されたスニーカー。90’sストリートカルチャーが流行した際に起こったスニーカーブームでは、定価の5倍ほどの値で取引されるモデルもあった。特に人気で価格高騰したエアMAX95を履いたひとを狙った『エアマックス狩り』が有名。当時社会問題にもなり、着用者は座敷のある飲食店には行けなかったり、気を配るほどブームは加熱していた。


代表格;NIKEエアマックス95やReebokインスタポンプフューリーなど

寂雷

長い髪をひとつにまとめているのが大人の色気を感じさせます!!

寂雷先生は2パターンの服装がポイントです!今の白衣に軍服に医療用のようなショルダーバッグの時と、一見白衣っぽいけれど白いジャケットに中は青のシャツとがあります。

海外派遣時にはこの軍服を着ていました!

青のシャツの襟はスタンドカラーと言ってクラシックな雰囲気のあるタイプ。ビジネスには着るのはNGなので確実に普段着でしょう。このタイプのシャツを着こなせる寂雷先生、やはり素敵な大人ですね!

やはりlegendは強さや見た目やチームワークや曲や…全てが最強ですね!!今後もTDDの魅力をもっと探っていきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です