東方天乙統女(とうほうてんおとめ)帝統(ダイス)の母親?中王区の実態とは?

1stアルバムドラマトラックにて登場した東方天乙統女(とうほうてんおとめ)と、中王区についてのまとめや過去を考察していきます!

衝撃の中王区政権交代劇は必見!

東方天乙統女(とうほうてんおとめ)CV.小林ゆう

東方天・名前の由来って?

持国天=またの名を東方天といいます。

仏教で天部の仏神で持国天の仏像は法隆寺、東大寺などで拝んだこともあるのではないでしょうか?

帝釈天(たいしゃくてん)につかえる四天王(四方を護る神)の一人で、東方(とうほう)つまり、東の方角を守護する為、東方天ともいわれます。古代インドでは東勝身洲(とうしょうしんしゅう)を守護するとされていたようなので、東(日本)をつかさどる神をモデルにしているんですね!

もうひとつの呼び名に提頭頼吒(だいずらた)があり、ここから有栖川帝統(ありすがわだいす)のダイスが来たという説を唱える方もいらっしゃいますが、まだはっきりとは分かりません。

中王区とは?

出典:「ヒプノシスマイク-Before the Battle-T.D.D」コミック一巻より

東方天たちがいる中王区、それ以外をディビジョンとよびます。

中王区以外にも女性は住んでいますが、中王区の中には許可なく男性は入ることができません。一郎たちが中王区に行けたのも、バトルがあり招かれた為。

重厚な”高い壁”や立派な門に囲まれる中王区には監視カメラや警備に守られている。これらは全て男性の「税金」で賄われている。男は女の10倍の税金を支払う。

H暦の始まり?衝撃の政権交代劇!

コミカライズにて早くも登場していた東方天。公式ページからは分からなかったことがコミックには事細かく記載されていますが、なかでもこの『政権交代劇』はある意味衝撃です。

出典:「ヒプノシスマイク-Before the Battle-T.D.D」コミック一巻より

政権交代劇は全国生放送であえて一部始終公開され、言の葉党は政権を手に入れました。それは国民への掲示でもあり、逆らえばこうなるという彼女たちの”力”を示す結果になりました。

東方天率いる言の葉党の女性たちがヒプノシスマイクを持ち強制的に「武力行使」で国会を占領し、東方天は前首相に対して見せしめの様にヒプノシスマイクを使用し意識をもぎ取ります。

そして、東方天は国民に”H法”の施行を告げます。

考察:中王区の陰謀!

男性は争うことをやめられない。H暦の始まりと共に武器を撤廃した言の葉党(中王区)は、代わりに「ヒプノシスマイク」を配布しこれで勝手に争えと、男たちのうさ晴らしが出来るようにします。

そして、昨年にはラップバトルの大会を開きイベント化していきました。

男性たちが中王区に向ける矛先を変えられること、イベントとして盛り上がり十分な収益が望めること。このようなメリットを生み出しました。結果として、次回もラップバトルを行うことは明確です。

帝統(ダイス)の母親?!

色々な説がありますが主に髪色が同じということ、名前に同じ”統”が入るのはなにかあるのではと言われています!

年齢的にも東方天は49歳ダイスが20歳ですからあり得る話ですよね!

下記リンク先では、更に詳しい説を挙げています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です