山田一郎ヒプマイドラマCDネタバレ!!

「The Champion」までのCDに収録されているストーリーを参考に1人のキャラクターにスポットをあてて紹介しています。ストーリーに対してドラマトラックのバックナンバーを記載しています。

山田一郎(CV:木村昴)


山田家の長兄。赤と緑のオッドアイ。常に前向きな姿勢と正義感をもつ。誰に対しても分け隔てなく接し、誠実な青年。

出典:ヒプノシスマイク公式Twitterより

高度なラップスキルを持つカリスマ性のあるキャラクターです。ソロ曲「俺が一郎」がとにかくカッコいい!!この曲を格好よく歌えたら…と思いますよね。さすが木村昴さんです!

出典:ヒプノシスマイク公式YouTubeチャンネルより

一郎と左馬刻

ライバル関係にある二人で、顔を合わせると激しいいがみ合いを繰り広げます。

https://twitter.com/hypnosismic/status/984763430883082240
出典:ヒプノシスマイク公式Twitterより

「あんたの理想にはついていけねえ!」「てめぇがあん時にやったことの言い訳にはなんねえ!」と左馬刻に絶対許さない態度をとります。

はたして過去には何があったのでしょう。この確執を生むきっかけこそが彼らの話の核となるのではないでしょうか。一郎は左馬刻から「偽善者」と呼ばれています。まっすぐに理想を追う一郎は左馬刻の理想の為には切り捨てる考え方には賛同できないようです。

今後の展開が非常に気になります!

ブラコンVSシスコン!!フリースタイルバトル!!!

バトル前には言い争いからバトルに発展していましたが、バトル後には今までと異なる展開へ。一郎が勢い余ってか「シスコン」と左馬刻を罵りますが、逆に「ブラコン」と言われてしまいます。このやり取りが可笑しくて笑えるんですよね!「弟たちはかわいい、目にいれてもいたくねえ!」という程の溺愛ぶり。本人いわく、弟たちが一人前の男になるように指導しているだけらしいのですが…。

チームメイト時代の二人のような雰囲気がファンにとって堪らない話ですね!

(「The  Champion」M-3drama track [ Against The World ]より)

また、過去の話ではTDD時代の二人は左馬刻が先輩にあたりますが非常によい関係で相方のような存在感。呼び方も「左馬刻さん」呼びでかなり慕っていたようですし、お互いに心を開いており左馬刻も一郎を非常に可愛がっています。寂雷先生から左馬刻と一郎は似ているよと言われるほど似た者同士だったから、相容れなくなってしまったんですかね?

一郎も先輩についていくのが当たり前のように一緒にいて、聴いていてとても嬉しく思いました!まさにこのタッグは最強!と言わんばかり。またこの時代の話が聴けると良いですよね!!

そして何より、過去のビジュアルです!髪型は現在よりも短く、服装は学ランっぽい服にちょっと腰パンというフレッシュさ全開の一郎がかわいいんです!

現在はしっかり者でお兄ちゃんでイケブクロのリーダーですが、TDD時代では学生で4人のなかで一番年下。みんなに可愛いがられていてちょっとあどけない後輩感も感じます。でも真の通った意思のような部分はやはり変わっていなくて、昔からカリスマ性があったのではないでしょうか!

(「The  Champion」M-4drama track [ 証言 ]より)

兄と弟たち

弟の二郎、三郎共に平等に接し、間違いや優柔不断な発言には葛をいれるシーンもしばしば。弟たちはよく喧嘩をするのでげんこつを食らわせることも。

兄大好きな二人が自分のことで争っているとはあまり思っていない(?)ようで、「なんだかんだ仲良いんだよな」と思っている。

間違ってないけど、そうじゃないよ一郎!とつっこみたくなるシーンもあってその無自覚なところとかいいんですよねぇ!

とにかく毎度三人のやり取りが微笑ましいですよね!

battleCDでは左馬刻に弟たちを馬鹿にされてバトルへと発展します。自分のことを言われてもキレなかった一郎ですが、弟たちのこととなると別。そんなところもカッコいい兄貴ですね!

現在、コミックで一郎の過去が語られており、衝撃のセリフなんかも…!昔があるからこその現在の彼の姿を感じられます。正直、これを読んで一郎というキャラクターがグッと深まりました…!その辺りは追々に。

今後の彼の過去にも大注目です!

あと個人的には、だいたい次郎とアニメを見ているシーンはありますが、一郎ってラノベとかアニメのイメージがそんなにわかないので、その辺り具体的にいつか触れられるのかな?と期待しています…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です