ヒプマイ「Battle CD」3タイトルを解説!!

今回は「Battle CD」3タイトル「Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW」、「Fling Posse VS 麻天狼」、「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」の内容を紹介します!!

3タイトルの各曲と各ドラマトラックをまとめてご紹介します!あくまでも紹介文ですのでネタばれではありません。

Buster Bros!!!・MAD TRIGGER CREW「Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW」

1st Battle CD

M-1「WAR WAR WAR」/ Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW

一番初めのバトルCDということでプロデューサーの方もめちゃくちゃバチバチにしたそうです。

それぞれのキャラクターが相手チームのライバルとバトっていくのですが、敵意むき出しのリリックが痛快な一曲でカッコいい!

よく聞くとそれぞれのキャラがセリフをいれているのがこの曲の楽しみの一つ!あのキャラがこう言ってる!と効果音の音、何度も聞いて楽しめます!

子供vs大人な戦いも楽しめるのがポイント!

M-2「IKEBUKURO WEST GAME PARK」/ Buster Bros!!!

ザ・イケブクロ!どのチームにもないテンポの良い曲で、コール&レスポンスもあるので盛り上がります!アップテンポで3人の歌声がどんどん重なって歌っていくスタイルがチームワークの良さを感じます。

初めは街の中の雑多な音から始まるんですが、こちらは歌詞に乗っ取りイケブクロ西口で深夜零時に録音されているそうです。(ニコ生放送より)

M-3「Yokohama Walker」/ MAD TRIGGER CREW

夜のみなとみらいで聴きたい!

ヨコハマ・ディビジョンだから強めの一曲と思いきや、聴きやすい曲。波風に吹かれながら…ヘビロテ間違いなしの一曲!

聴き心地の良い曲だけど内容はヤバい感じで意表をつきたいというプロデューサーの意図通り、今までのヨコハマのソロ曲とのギャップを感じられる一曲。また、タイトルからも某情報誌か?といったギャップも一つ加えられたそうです。 

〇推測〇左馬刻の[ストレイトアウタヨコハマ]から始まる歌詞は、N.W.Aの
「Straight Outta Compton」からの引用


M-4 Drama Track [Know Your Enemy side B.B VS M.T.C]

中王区でのバトル前に全ディビジョンがかち合ってしまい…。「Fling Posse VS 麻天狼」のドラマトラックと同ストーリーが違う視点で進みます。それぞれのトラックにしかないシーンがあります!

〇推測〇Know your Enemy/Rage Ageinst The Machineからの引用?

M-5 Drama Track [Louder Than A Bomb]

二郎&三郎と、銃兎&理鷲がバトル前夜にかち合ってしまい、バトルをすることに。

大人VS子供それぞれの良さが引き立ちます。

二郎と三郎の普段は見れない兄弟の絆が聴きどころです!

 

〇推測〇Louder Than A Bomb / Public Enemy からの引用?

Fling Posse・麻天狼 「Fling Posse VS 麻天狼」

2nd Battle CD

M-1「BATTLE BATTLE BATTLE」/
Fling Posse VS 麻天狼

2チーム同士のバトル曲。バチバチにやりあっています。

互いのチームのライバルに対してバトルは聴きどころ!特にドラマトラック[Just A Friend]を聞いてからだとよりバチバチなライバル関係を感じられます!

作者のKEN THE 390(ケンザサンキュウマル)さんはリリックを書く際、それぞれの言い分が理解できるようにしたいということでよりその意図が引き立つように、よりピンポイントでその相手にしか通じない強い言葉のリリックを書いたそうです。(ニコ生放送より)

M-2「Shibuya Marble Texture -PCCS-」/
Fling Posse

聞きやすいシブヤっぽいお洒落でかなり今風な曲!三人の声のバランスもいいです。高い方から乱数、帝統、意外に低いパートが幻太郎。かなり聴きやすくて女性人気も高そうです!

ちなみにPCCSとはカラーシステムのことを指します。目まぐるしく移り変わる渋谷の街はさまざまなカラーにも染めれるパレットのようだ、そんな意味もあるのでしょうか?ペールトーンや、ビビットだけじゃなくダークにもダル(dull:鈍い)にもなれてしまうポッセらしい歌詞にも注目して聴きたいですね!

M3「Shinjuku Style~笑わすな~」/ 麻天狼

シンジュクスターイル!シンジュクの曲は少しダークな曲調で、イイですよね。この曲ハマってしまいます!

後半の一二三のパンチラインもポイントです。ちょっと洗脳されそうな音も「病める街シンジュク」にふさわしい!

M-4 Drama Track [Know Your Enemy Side F.P VS M]

中王区でのバトル前日に全ディビジョンがかち合ってしまい…。「Buster Bros!!! VS MAD TRIGGER CREW」のドラマトラックと同ストーリーが違う視点で進みます。それぞれのトラックにしかないシーンがあります!

〇推測〇♪Know your Enemy/Rage Ageinst The Machineからの引用?

M-5 Drama Track [Just A Friend]

一二三&独歩と、ダイス&幻太郎の話。バトル前夜に揉め始めてしまった4人。それぞれの仲間に対する想いが垣間見えるストーリーです!

接点の無かった4人、バトル曲でのリリックの意味がより深まります。

MAD TRIGGER CREW・麻天狼「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」

final Battle CD

M-1「DEATH RESPECT」/
MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼

最終決戦!!

最終決戦にふさわしいさらにカッコいい仕上がりです!バンドサウンドのこの曲は山嵐による作詞・作曲。

今でこそ珍しくないですが、ラウドロックとラップの融合した日本のミクスチャーロックの先駆け的存在の一つの山嵐による楽曲は合わないわけないですから!作曲担当のKAI_SHiNE(カイシャイン)さんは、サビに向けて上げて行く通常の楽曲とは異なり、2つのチームが対抗して行く曲のため、どちらかが盛り上がり過ぎてしまわないようバランスを重視して作られたそうです!(ニコ生放送より)

M-2「IKEBUKURO WEST GAME PARK(Boyz Sunshine remix)」

オレが オレが…最高なremixです!

まったく違う曲に聞こえる。

イケブクロ3人のソロ曲が繋がれているのも楽しめるポイント。

M-3 「Yokohama Walker(Triple Trippin’ remix)」

軽快なremix!スピーディ!

動画だとウサギの画像が出てくるのは銃兎的なイメージでしょうか…??

M-4 「Shibuya Marble Texture -PCCS-(Candy Dazed remix)」

オリジナルと比べ少し怪しさをプラスした雰囲気に。youtubeの映像だとそんなイメージも分かりやすいです。途中からのサイレン音やスクラッチ、ビートのテンポが変わるのもポイント。

M-5 「Shinjuku Style 〜笑わすな〜(Nerve Rackin’ remix)」

特にサビのアレンジ、そして終わり方のカッコ良さ!3人のソロ曲がmixされてます!この曲は特にソロ曲と原曲を聴いてから、聴きたい曲です!

冒頭以外の先生のパートは聞き取りづらいかもしれませんが、フック(サビ)をCheck it out!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です