入間銃兎(いるまじゅうと)の誕生日から過去まで!歌詞からの考察も!

ヨコハマ・ディビジョンM.T.Cのブレーン!銃兎の誕生日や身長などのプロフィールから、明かされた過去を紹介します!また各キャラクターとの関係も記載!

入間 銃兎(いるま じゅうと)CV.駒田 航

インテリ系悪徳警官。
ヨコハマ署 組織犯罪対策部 巡査部長。薬物を排除する為にこの仕事を選んだ。
MAD TRIGGER CREW(マッドトリガークルー)のメンバー。
誕生日:5月30日
年齢:29歳
身長:181cm

基本的に敬語で話すスタイルですが、それが崩れるときもあります。主にキレた時ですが、理鷲や左馬刻に対してタメ口で話すこともあります。舌打ちや荒っぽい口調だったり、小馬鹿にしたり、悪役の似合うキャラクターです!
そんな、ニヒルでスマート、裏の顔をもつ警察官。これでもかというほど女性のツボをついてますよね!


出典:ヒプノシスマイク公式Twitterより

銃兎のイメージカラーは?

はっきりとは言われてませんが、七三分けの黒髪、眼鏡、黒スーツに真っ赤なグローブがトレードマークの銃兎は「黒と紅」がイメージカラーなのではないでしょうか?1色なら「紅」、2色なら「黒と紅」。

スーツのジャケットの裏地も実は紅色なのでこの二色で統一されています!
赤は一郎、紅(あか)は銃兎が印象に合う気がしています。
シックな色が、銃兎らしい大人の雰囲気を醸し出していますね!

警官ならではの用語・俗語!それってどういう意味?

警察という事で、銃兎は色んな用語を使っていますね!ヨコハマ・ディビジョンのテーマギャングスタラップにふさわしく、荒々しい言葉で言い換えています。「しょっぴく」や「ブタ箱」などなど銃兎が使用する用語・俗語を紹介します。

  • しょっぴく=無理やり連れて行くこと、特に警察に連行することをいう俗語。
  • ブタ箱=警察署の留置場。
    警察所に設置されている被疑者・容疑者を留置したり、勾留された被疑者を収容するための代理監獄として用いられる収容所の俗称
  • ワッパ=(輪っぱ)輪の形状をした物のこと。手錠は警察による隠語。
  • ガサ入れ=<名>警察などによる家宅捜索をいう隠語。
    「ガサ」は「さが(捜)す」の「さが」を逆さ読みにした語
  • パクってやる(パクる)=1.真似 2.警察が犯人を捕まえることで、盗人の間で使われた。(※ヒプマイで使用する意味は後者)
    【ドイツ語/包む・掴む(とっ捕まえる)という意味のpackenが由来とする説がある(真説・俗説不明)。】
  • シマ=エリア、領域。意味合いとしては縄張りが近い。
  • ケツ持ち=1.トラブル解決の際に出てくる巨大組織やそれに相当する人を意味する 2.暴走族など集団で暴走行為をする際に最後尾を走る人のこと(※ヒプマイで使用する意味は前者)
  • 三下=取るに足らない者。下っ端の者。
  • ドサンピン=【三一侍(さんぴんざむらい)
    《1年間の扶持が3両1分であったところから》江戸時代、身分の低い武士を卑しんでいう語。これに”ド”を付け加えた言葉。(ドアホ、ドでかいなどと同じ使い方)
  • ショクシツ:職務質問
  • 理詰め(りづめ)=考え・議論などを、論理・理屈で押し通すこと。
  • 跋扈(ばっこ)=我がもの顔で振る舞うこと、のさばりはびこること。
  • ヤサ=家。警察による隠語。

45rabbitのヒプノシスマイク&スピーカー

警察らしさ満天の銃兎仕様のヒプノシスマイクとヒプノシススピーカーにまつわるエトセトラ。

銃兎のヒプノシスマイク

ヒプノシスマイク;無線機タイプ(公式HPに記載)

無線機を肩にかけているように見えるマイク↓無線機で間違いはないでしょう。

出典;藤田さんのTwitterより

出典;なおさんのTwitterより
出典;ぽちりひさんのTwitterより

マイクのモデルは??

↓この写真めちゃいい味でているし格好いいですね!こんなタイプなのでしょうか?

出典;CONDUCTORさんのTwitterより

銃兎のヒプノシススピーカー

もう、まさしくTHE・スピーカーです。デザイン性より機能性ですよねw駒田さんのコメントが話題に!拡張器がモデルですね。でも色は銃兎バージョンになっています。

出典;駒田航さんTwitterより

スピーカーよく見ると…

↓よく見るとヒビ割れが!!MTC他メンバーにないヒビ。でかボイスでヒビが入った説が有力です!

出典;夏瀬藤間@ハマポ さんのTwitterより

愛されパワーワード!声優・駒田航の影響力?

英語の発音がやたら良い!ドラマトラック中の「stop stop stop」のセリフ*の言い方が格好いいんです!声優の駒田さんは帰国子女なので、それもそのはず!

もともとドイツで住んでいた際にインターナショナルスクールで過ごしていた為、英語がメインでドイツ語も話せるそうです!

*(収録CD「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」drama track [Know Your Enemy side MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼]より)

「声がでかい」は誉め言葉!

そう言われる由縁は声のギャップにあります。
普段の大人知的な声とはうって代わり、歌ったときは激しく大きな声でラップをする為!
声優の駒田さんは、意識していたわけじゃなく気付けばそう言われるようになったそう。
実際結構言いにくいリリックや、銃兎らしい煽る演技も入れつつ、息継ぎも大変ですからそうなっていたのかもしれませんね。それが、ひとつのスタイルになってファンの方々のある意味で「声がでかい」と言われています。

まとめるとつまり、ギャップがたまらん!そこがイイ!という訳です!
楽曲とドラマトラックを聴いてより楽しめますね!

「ヒョォ!」って何?

ヒプマイを知っていくと自ずと登場するこのワード。
曲中の中で「YO!」を駒田さんが言うと「ヒョォ!」に聞こえることから。

ソロ曲『ベイサイド・スモーキングブルース』の頭からYO!が聴けます!

よくニコ生のコメントなどで皆さん使ってますよね!声優さんたちも駒田さん・銃兎の話題になると使っていますよ!なんといっても使いやすいワードだし馴染みやすさ抜群です。

(MAD TRIGGER CREW「BAYSIDE M.T.C」収録)

こうやって見てみると、声優さんがキャラクターを成形しているんだなと改めて実感しいますね!素敵なパワーワードを生み出している駒田さんもすごいですし、さらにキャラクターに愛着が湧きますよね!!


銃兎と主要キャラクターの関係性

CDに収録されているストーリーを参考に紹介しています。ストーリーに対してドラマトラックのバックナンバーを記載しています。


銃兎と左馬刻

仲間というよりも利害の一致の関係性からの腐れ縁に近い雰囲気の2人。よく持ちつ持たれつの関係と言われています。職業も正反対の2人ですが、互いの目的達成の為に行動している感じですね!

いつからの付き合いかは分かりませんが、短気で突っ走る左馬刻によく手を焼いています。特に、左馬刻に対して口調が荒くなりがちです。左馬刻にもの申せるのも対等な関係だからこそ。

一見、割り切った関係に見えますが、互いに認めあう存在と言えるのではないでしょうか。利益関係だけでなく、ラップスキルの腕を認めた上でチームを組んでいるはず。言葉にこそしませんが、バトルの際にはしっかりと左馬刻をリーダーと認めMTC独自のチーム力を見せつけています!

また、理鶯の料理が絡む時は左馬刻と上手く話を合わせたりして、意気投合(?)しているところが可笑しいですよね!

銃兎と理鶯

左馬刻ともう一人チームメンバーを探していたところ「面白い奴がいる」と左馬刻に紹介したのが理鶯。

銃兎と理鶯はどんな出会いがあったのかは謎ですが、警察の銃兎なら裏取引で高額がつくヒプノシスマイクのプロトタイプを持っている理鶯の情報は知る事ができたのかもしれませんね。

左馬刻と話す時とはまた違う雰囲気で理鶯と接している気がします。そもそも言い争いにならないのと、理鶯の独特な雰囲気のおかげか、銃兎も少しばかり柔らかく話しています。

狂犬(左馬刻)を抑える2人には連携の取れた場面もしばしば出てきます。

そういった意味でも、3人にはないチームワークが生まれていますね!

左馬刻と銃兎、理鷲と銃兎はどんなきっかけで出会いなのでしょうか。今後そのあたりも気になります。

独歩との関係

銃兎が制服警官時代に、独歩によく職務質問をしていたという。

お互いに苗字にさん付けで呼んでいて、顔見知り程度の仲に見えます。

ですが、よく職質されていた独歩は一体何があったのでしょうか?

中王区で会った時は、お互いに忘れていた、もしくは気が付かなかったようなのでそれくらいの出来事だったのかも知れませんね。

「MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼」のバトル曲ではお互いに煽りまくっていますが、2人の関係性は因縁という訳では無さそうです。

銃兎と二郎

銃兎のいるMAD TRIGGER CREWと二郎のいるBuster Bros!!!は敵対するチーム。

リーダーであるMTCの左馬刻と一郎が敵視し合っている為、チームメンバーも敵対しているかと言われればMTCの銃兎と理鶯はそこまで二郎と三郎を意識していなかったようです。相手が高校生と中学生ということもあったのでしょう。

だがバトル前夜、三郎を銃兎に馬鹿にされて、二郎がバトルを仕掛けます。

そこで意地を見せる二郎に、三郎も参戦します。個々ではまだまだ敵いませんが、兄弟という持ち前のチームワークで2人なら別モノになります。それを体感した銃兎と理鶯は、考えを改めることになります。

子供扱いせずに全力でバトルする、と。

そんな事があり、特に二郎が銃兎を敵視しています!バトル曲「WAR WAR WAR」で2人の関係性が表現されていて、最高に罵り合っているので聞いてもらいたいですね!

意外と世話焼き?垣間見える優しさ!

暴走する左馬刻を止めるのが銃兎の役目になりつつありますが、頭に血がのぼった左馬刻を止めるのは一苦労。
それでも言いなだめたり、理鶯に止めて貰ったりして抑止力になります。気苦労絶えないシーンもあって大変そうですね。「やれやれ」といったところでしょう。

二郎・三郎とのバトル時には銃兎からひとつ助言をします。『兄に依存しすぎだ。そのままでは兄を超えられない』と。

子ども扱いしていた2人と戦い、彼らの実力を認めた銃兎は敵に塩を送ります。* 2人はポテンシャルは高いのに兄・一郎をリスペクトしすぎていてあくまでもサポートする立ち位置だという認識があるのは事実。

特別仲の良い兄弟だからこそ生じているその事実を突きつけます。二郎は兄を神と称えるが故に、その意見を拒否します。しかし、三郎は違う捉え方をした様子。受け取り方はそれぞれですが、あくまでアドバイスをした銃兎の優しさが垣間見れます。

*争っている相手が苦しむときに、争いの本質ではない分野について援助を与える意。

明かされる銃兎の過去とは?

アルバム「Enter the Hyipnosis Microphone」で明かされた銃兎の過去。
銃兎は薬物撤廃の為警察になるという設定がありますが、この件について触れたのは今回が初めてです。

”グラスホッパー”とは?

1stアルバム収録のドラマトラックより、
銃兎はヨコハマに出回っている薬”グラスホッパー”の出どころを探ります。

※あくまでフィクションです。実際には存在しません。

グラスホッパー=バッタ ですが、服用すると感情の浮き沈みの激しさがバッタのはねる動きの高低さと類似している。ぶっ飛び方が段違いで安価。副作用により心臓発作をおこすことがある。

この元締めを捕まえにMAD TRIGGER CREWは行動します。

(1st FULL ALBUM「Enter the Hypnosis Microphone」
Drama Track「Somebody Gotta Do It」/ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW より)

消し去れない過去、その想いとは?

左馬刻との会話の中で紐解かれるのは、両親と友人の死。
左馬刻に過去をほじくり返されて、今まで見せたことのない程声を荒げて怒りをあらわにします。
薬物中毒者に車で事故にあった両親は他界。警察官になった銃兎は職場の先輩がクスリに手を出してしまい死亡する。彼は銃兎にとって良き先輩であり、友人でした。

銃兎にとって憎むべき存在となった薬物を根絶させるために、左馬刻という裏社会とも関わりを持っているのでしょう。

警察による生ぬるい処罰を与えるのではなく、自らの手で裁くという強い意思をみせました。

(1st FULL ALBUM「Enter the Hypnosis Microphone」
Drama Track「Somebody Gotta Do It」/ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW より)

今だからこそ聴きたい!ソロ曲~歌詞からの考察~

銃ー兎のソロ曲「ベイサイド・スモーキングブルース」はハマの夜風が似合うしっとりとした曲です。内容は主に銃兎のキャラクター性が分かるような歌詞になっています。悪徳警官の銃兎の日常を思い描くことができますね!

特にサビに注目したいのですが、
I’m a lonely only RABBIT = 過去を含めて自分の悲しみを例えている(兎は寂しいと死ぬといわれることにもかかっているのかもしれません。)

I’m a lonely only RABBIT
この通り一人 Rolling
闘ってただ勝って 傷を癒す
ハマの湾岸ストーリー Cruisin’
夜の風に吹かれて Breezin’
The bay side smoking blues
The bay side smoking blues all right

「ベイサイド・スモーキングブルース」より引用

銃兎の傷は未だ癒えておらず、それでも自らが先頭を切って立ち向かって行こうとしている、そんなふうに捉えました。
ソロ曲が出た当初と、銃兎の過去を知った今ではまた違ったように聴こえしました。センチメンタルな部分も、グッときます

キャラクターを知ることで歌やリリックの厚みが増していくんだなと実感した一曲となりました!

この曲もまた、みなとみらいのハマの夜風に吹かれて聴いてみたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です