有栖川ダイスの魅力とは?

「The Champion」までのCDに収録されているストーリーを参考に1人のキャラクターにスポットをあてて紹介しています。ストーリーに対してドラマトラックのバックナンバーを記載しています

有栖川帝統(ありすがわ だいす)CV.野津山幸宏

ギャンブラー。身ぐるみ剥がされたり、持ち金がなくなったりする事もしばしば。

キャラクターの絵でラジカセを持っていますが、全くの不明である。特に意味はないのか、今後ストーリーに絡んでいくのか?

帝統と乱数

乱数からの勧誘を一度断るが、乱数のラップスキルをみて興味を惹かれてチームに入ることに。無邪気に帝統に絡む乱数にウザがりながらも遊ばれている様な関係が微笑ましいですね!

また、乱数の怪しい雰囲気を感じとる幻太郎に対して、「自分はスリルが味わえればいい」と言い切る帝数は他人に興味がないと言うよりか、自分の感情に素直です。

(「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [Know Your Enemy Fling Posse VS 麻天狼]より)


帝統と幻太郎

いじらている、というよりは弄ばれている帝統と幻太郎のやり取りが好きな方は多いんじゃないでしょうか?

とにかくギャンブルに関することで釣れば信じてしまうあたり、素直だなぁと思います。 

バトル前日の会話では何度もギャンブルに釣られていますよね。幻太郎に騙されてすぐに信じてしまうところが可愛いです!

(「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [Know Your Enemy Fling Posse VS 麻天狼]より)


そんなことでポーカーは出来るのか?とい程、素直な性格も魅力のひとつです!

バトルCD収録のバトル前夜では麻天狼の独歩と一二三のゴタゴタに巻き込まれ、小競り合いが始まります。

幻太郎は触れてほしくないNGワードを一二三に言われてしまったらしく、帝統はそれに対して怒ります。

「ダチのそれを踏みにじられて黙ってるほどできちゃいねーよ!」

と熱いセリフがとても印象的でグッときます。まだまだ会って日の浅い二人でしょうが、帝統の気持ちが幻太郎にも響いて見てとれます。

(「Fling Posse VS 麻天狼」drama track [Just A Friend]より)

帝統と独歩

上記の出来事に対して謝り続ける独歩とは馬が合わないようでライバルの関係に。

「何度も言うすみませんに価値はねーよ」と言い放ちます。

素直でまっすぐなタイプだからこそ、いざというとき筋の通らないことは嫌うのでしょうね。

そんなドラマトラックを聴いてから曲を聴くとより深く楽曲を知れるのではないでしょうか!

帝統と理鶯

腹をすかせた帝統に料理をふるまってもらったことがあるようで、別ディビジョンだが懐いている。理鶯のことを「理鶯さん」と呼びフランクにはなしかけている。

(「Buster Bros!!!VS MAD TRIGGER CREW 」drama track[Know your Enemy B.B VS M.T.C]より)

この二人のストーリーもみてみたいですね!ほのぼのしそうです!

ノリツッコミをしたりふざけたりして素直さが垣間見える帝統も、友人想いで真剣に人に怒る帝統も、そのギャップが更に人を惹きつける要因なのだと思います。

一番の謎は、自分の命をかけてヒプノシスマイクを賭けてまで手にした理由です。

乱数からチームの勧誘をされた際に一度興味ないと断った帝統。

じゃあなぜヒプノシスマイクを持っているのか?と聞かれ、それっぽい理由を言いますが、何かありそうな予感です。

ストーリーにどう絡んで行くのでしょうか?!今後に期待です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です