荼毘の正体は轟燈矢(とうや)死亡死因ネタバレ!最後が悲しすぎる?!

ヒロアカ荼毘の正体はエンデヴァーの息子・轟燈矢だった?!過去は消えない!悲しい末路…燈矢の過去を知れば轟家崩壊が分かる!

死因は何?【過去考察】荼毘は既に死亡している?AFO&ドクターが助けた?!

※この記事では『僕のヒーローアカデミア』のアニメ未放送である部分も紹介しています。現在連載中の本誌の内容を含むためネタバレにご注意ください!

荼毘の正体は轟燈矢(とうや)でエンデヴァーの息子?!

ヒロアカのヴィラン連合のメンバー・荼毘(だび)はヒロアカファンからも人気が高いキャラクターです。火傷痕がひどく肌も継ぎはぎだらけで怪しいキャラクターの荼毘ですが、当初からエンデヴァーと関係があるのでは?とファンから予想されていました。

ヴィラン連合の荼毘の正体とは”エンデヴァーの実の息子”だったのです。

荼毘の本名は轟 燈矢(とどろき とうや)と言います。轟家の長男すでに亡くなっているとデクと爆豪はエンデヴァー事務所のインターン中に轟焦凍や姉の冬美から話を聞いています。また、エンデヴァーも燈矢の仏壇の前で「お前がいてくれたら」と故人を想うシーンが描かれてきました。

以降アニメ6期にあたる【超常解放戦線】では死柄木弔率いるヴィラン連合+ 異能解放軍VSヒーロー(+ヒーロー学校の生徒)が熾烈な戦いをしました。この大戦でヴィラン連合のメンバーとエンデヴァー、轟焦凍、緑谷出久、爆豪勝己らが対峙します。その場に現れた荼毘は頭から何かをかぶり、黒髪だった髪は白髪へ変化。「荼毘」と呼ばれると、『ひでぇな、そんな名前で呼ばないでよ…燈矢って立派な名前があるんだから』とエンデヴァーと焦凍に正体を明かします。

荼毘『過去は消えない』正体明かす…!

上記で述べたように荼毘は自分を轟燈矢だと明かします。燈矢はもともと地毛が白髪なので荼毘はわざと黒く染めていたようです。

当然驚愕するエンデヴァーとショートに次々と現実を突きつけます。挙句、エンデヴァーがNo.1ヒーローになってから戦った星のしもべや夏雄を襲ったエンディング差し向けたのは自分だと言い、「家族ごっこは楽しかったか?」「未来に目を向けていれば正しくあれると思っただろう!? 知らねえようだから教えてやるよ!!!」と続けます。

『過去は消えない』

絶望を突きつける荼毘は憎しみをあらわにし、エンデヴァーの苦しむ顔を見て喜びを感じる荼毘に狂気を感じます。

荼毘はこの戦いの最中、電波ジャックをしテレビやネットで自身の暗い過去を語りNo.1ヒーローエンデヴァーが本当に正しかったのか世の中に問いかけます。荼毘は長年思い描いてきたエンデヴァーへの復讐を実行しました。

荼毘の過去が切ない!

ここではエンデヴァーの息子である荼毘改め、轟燈矢の過去を紹介します。

轟燈矢(とうや)は幼いころから父である炎司にヒーローとして育てられ、燈矢もまたそれを望んで訓練に励んでいました。

個性診断では個性は炎司の炎を受け継ぎましたが、体は母・冷の個性氷に対応する身体になっていたことで自身が出す炎で火傷を負ってしまう体質だったのです。もともと赤かった髪は徐々に母の白髪へと変化していきました。その為、燈矢がヒーローになることを両親は止めますが”ヒーローになってオールマイトを超える”父から託された夢を諦められず、エンデヴァーに訓練をみて貰えなくなっても隠れて特訓を続けました。

生まれてきた弟・焦凍に対して焦燥や嫉妬を感じ始めた燈矢は母に反発し、父には自身を見て欲しくて更に熱心に訓練を続け、焦凍に手をあげそうになりましたその為焦凍は兄弟と隔離されます。何度言っても個性訓練を止められない息子に手を焼く炎司と冷の夫婦仲は次第に悪くなっていき妻に手を挙げ怒鳴りつけたりしています。こうして徐々に家族は負のスパイラルに…。

ヒロアカ轟燈矢の死因は?荼毘は死亡していた?

燈矢は自分の存在意義が分からず滞りを感じ、毎日夏雄に泣きついていたといいます。そんな中、 二次性徴を迎えた燈矢の炎は赤から青へと変化しエンデヴァーを超える強い個性へと成長しました。父に認めてもらいたい一心で特訓場所に来て欲しいと伝えましたが、エンデヴァーが来ることはありませんでした。

炎司に対してずっと「自分を見て欲しい」と特訓をしていた燈矢にとって父が来てもらえず、感情が高ぶったせい*で強い炎が出てしまい特訓していた山ごと自身の青い炎に焼き尽くされてしまいました。こうして轟燈矢は帰らぬ人となってしまったのです。(*感情の高ぶりにより更に強い威力を増すことが判明している)

しかし、轟燈矢は生きていて荼毘としてヴィラン連合の一員となっています。

エンデヴァーは燈矢は生きてると信じ探しましたが、遺体は残らず炭化した骨も粉となって散ってしまったのではないかとされ、現場には下顎部の骨が一部だけ見つかったそうです。

そうなると、荼毘は骨すらもところどころ無くなっているのでしょうか?誰かに助けられたのかもしれませんし、死亡してから生き返らせるなど個性でどうにかなったのかもしれません。 これが出来そうなのはオール・フォー・ワンと脳無を作った医師・殻木球大(がらききゅうだい) ぐらいでしょうが…。 医師・殻木はギガントマキアが出てきた際「死柄木以外は初めましてかな?どこかで会っているかもな」と言っていますが、ドクターとは本当に初対面なのか二人は何か通じるものがあります。

まだまだ不明な部分です。

荼毘の意味や語源は?荼毘に付すとは?

荼毘の意味とは 、火葬を指す仏教用語です。語源はインドなどで使われるパーリ語の jhāpeta (ジャーペーティ)、サンスクリット語で dhyāpayati(ディヤーパヤティ)という燃やすと言う意味です。

荼毘(だび)と聞けば「荼毘に付す」という言葉が一番有名ですね。「荼毘に付(ふ)す」という言葉は遺体を火葬して弔うこと。 「付す」はあたえる、あずけるという意味があります。親近者などの死に接して、一定期間、物忌みする『喪に服(ふく)する』という似た言葉がありますが、服するは(心から)それを受けて従うことを意味します。似てるようで意味は違いますね。

荼毘のヴィラン名はまさに轟燈矢の死因ということです。

荼毘の正体や過去はアニメ6期?何巻の何話?

上記で紹介した”荼毘の正体”の話のアニメは何期で、漫画だと何巻の何話でしょうか?

荼毘の正体が明かされるのはアニメでは2022年秋放送予定のヒロアカ6期にあたります。

  • アニメ→6期(2022秋)
  • 漫画→単行本30巻
  • 漫画話数→No.290話「ダビダンス」

ちなみに、アニメ6期に放送するであろうストーリーは漫画単行本では27巻「超常解放戦線」から始まり、死柄木率いるヴィラン側VSヒーロー側の決戦が描かれます。大きな対戦なのでいろんなヒーローたちの戦いが描かれますが、具体的に荼毘自身が正体を明かすのは漫画の単行本30巻の290話です。

更に燈矢を中心とした轟家の過去の話は単行本31巻の301話「火の不始末 前編」&302話「火の不始末 後編」です。

荼毘の正体【伏線や考察】

現在の連載までには荼毘の正体が明らかになっていますが、もともとファンの中ではエンデヴァーのもう一人の息子が荼毘だという考察がされていました!

ここではその考察に至った過去の伏線を紹介していきます。

  • 荼毘の個性が青い炎( 蒼炎 )
  • 荼毘の目が青い=エンデヴァーの色(焦凍の半身)と一緒
  • 荼毘=火葬の意味
  • 全身火傷を負っている
  • エンデヴァーの子供は個性婚で失敗作もいた
  • 回想シーンで幼い轟兄弟の中に赤い髪の子供がいた
  • エンデヴァーが「燈矢は惜しかった。俺以上の火力を備えているのに冷の体質を持ってしまって」ともう一人の子供の名前
  • 夏雄が燈矢兄のことを殺したのは炎司だと言っている
  • ハイエンド戦でエンデヴァーを轟炎司と呼び何かある雰囲気
  • 異能解放軍と戦いの際に戦士から「その爛れて剥がれ落ちそうな皮膚…お前長く戦えないんだろ。己の炎に身を焼かれるから」と指摘される

いずれにしても話が進むにつれて荼毘=燈矢説はほぼ確定状態でした。現在は既に判明していますのでファンの皆さんの言う通りでした!

荼毘の年齢は23歳?誕生日はいつ?

荼毘の現在の年齢や轟兄弟との年齢を紹介します!

荼毘の年齢は公開されていませんが、23歳だと推測します。

過去の轟兄弟の話では轟燈矢は【享年13歳】でした。また彼は早生まれだったことも分かっていて、 荼毘の誕生は1/18です。季節は冬の描写で燈矢が13歳のとき妹の冬美は12歳です。

  • 冬美→22歳【誕生日:12月6日/小学校教師】
  • 夏雄→19歳【誕生日:7月1日/大学生】
  • 焦凍→15歳【1月11日 /雄英高校ヒーロー科1年A組 】
  • 炎司→45歳【誕生日:8月8日/プロヒーロー】
  • 冷→?歳【誕生日年齢不明】

燈矢と冬美は1歳差で一学年違いであることが分かります。誕生日が不明なのとヒロアカの登場シーンで時間・時期が変わる為、ズレが生じることがあります。炎司が22歳くらいの時の子供なので若くして個性婚した事実と合致します。

ちなみに冬美とホークス(12/28)は22歳同い年なので荼毘はホークスより1つ年上ということになりますね!

まだこれから何かしでかしそうな荼毘と、彼と対峙するエンデヴァーとショートに注目です!!そして地獄の轟家は一体どうなっていくのか、今後の展開に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です